これさえ知っておけば損しない!資産運用で最低限知っておきたい3つのポイント


資産運用をしようと思っても、何も知らない状態で多額のお金を運用するのはかなりのリスクだとは
みなさんご存じでしょう。

トレーダーや投資家として生計を立てていくならばまた別のお話ですが、
一般的な資産運用は「生活を楽にするため」ですよね?

その目的を達成するために、投資家としての正しい考え方を身につけ
資産運用の原理原則を学んでいく必要があります。

資産運用と言うと、多少のリスクを感じることもあるかと思いますが
今回は資産運用をするのに最低限押さえておきたいポイント3つを紹介していきますね。

知っておくべき資産運用の原理原則①投資と投機の違い

資産運用をというと投資という言葉をよく聞くと思います。

「バイナリーオプションに投資してます!」
「仮想通貨に投資しています!」
「システムトレードに投資しています!」
という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

実はこれらは「投資」でなく「投機」というものなのです。

資産運用には「投資」と「投機」というものがあります。

簡単にいうと
「投資」とはリスクが低く中長期間保有するもので、資本に投じること。
「投機」とはリスクが高く短期間保有するもので、機会に投じることを指しています。

引用:資産運用の基本!知っていれば損しない「投資」と「投機」の違いとは?

資産運用では今やっている行動が、投資なのか投機なのかをしっかりと把握することが大切です。

では実際はどちらが大事なのでしょうか?

答えは「両方大切」です。

どちらの立場でも物事を判断できるようになっていくことが、資産運用には必要になってきます。

しかし実は結果を出すために、投資と投機を行う順番は決まっているのです。
投資を先に行うことが資産運用を始める際に大切なポイントになってきます。

投機よりも投資を先に行うべき理由

みなさんはカジノのルーレットというゲームをご存知でしょうか?

黒か赤に賭ける。賭けた方にボールが落ちれば2倍、落ちなければ掛け金が全て水の泡になる。という非常にハイリスクハイリター ンな投機(ギャンブル)です。

初級者のFXや短期売買を目的とした株、いわゆる投機と呼ばれるものはこのルーレットと同じようなものです。

初級者はリスク管理能力、分析能力、投資家としての経験値はまだありません。
そのため初心者の行うこれらの投機は、ルーレットと同じくらいのリスクがあるといっても過言ではありません。

これから資産運用をしていく方は必ず、長期的でリスクの低い株や保険などから行いましょう。

知っておくべき資産運用の原理原則②勝つ投資ではなく負けない投資

みなさんは勝つ投資と負けない投資、どちらが正しいと思いますでしょうか?

勝つ投資はイメージ通り「利回りが良い」「儲かる」「このノウハウは良い」などと目先の利益を見る事です。
株でいうと、この企業は値動きの変動差が激しいので安い時に買ったら儲かりそう。
FXでいうと、月3%出せるやり方で運用すると利益重視で考えるような投資の仕方でしょうか。

これに対して負けない投資とは「利回り最低1%」をベースに、それから2%3%と収益を伸ばしていく考え方です。
資産運用に関しては、この負けない投資を意識することがかなり重要になってきます。

勝つ投資に潜む罠とは?

勝つ投資において利回りが良いから投資するという考え方をしてしまいがちですが、利回りの裏にはリスクもあります。

何かのキャンペーンで一時的に高くなっているだけの可能性もありますし、
どこかで歯車が合わないことは確実に出ててしまいます。

また「これは儲かる!」という言葉で判断してしまうこともよく聞きますが、簡単に儲かるなら全てのお金持ちがすでにやっていますよね。
文言に影響されてリスクに目を向けなくなってしまう事が、勝つ投資を意識する方によく起こってしまうのです。

プロトレーダーでも4~5年と利益を出し続けると自分のやり方は合ってると思い、いつのまにか損失を出し最終的には資産が全て消えてしまうことだってあるのです。

常日頃変化していく世界の情勢に対して、投資家も変化していく必要があるのですね。

負けない投資では最低でも1%台で利益が出るように考えた上で、さらに利益を伸ばしていきますが、
勝つ投資では利回り2%3%を取りに行くので、損してマイナスになることを考えずに利益を出そうとします。

それどころか損切りのポイントや、最低限このマイナスで止めるというリスク管理ができていない事が多いのです。

これに対して「負けない投資」を意識できている方は、
負けることがないため資産がどんどん増えていくということですね。

初心者の方は特に徹底的なリスク管理をしていきましょう。

知っておくべき資産運用の原理原則③守りつつ増やす

「負けない投資」はそもそも1つの投資に対しての考え方でしたが、
この「守りつつ増やす」という考え方は何個も投資を組み合わせる中での全体に対しての考え方になります。

保険・不動産・長期保有株・長期国債などローリスク商品を踏まえた上で、
短期保有株・FX・利回りが高い投資ファンドなどハイリスク商品を組み合わせるというものが「守りつつ増やす」ということになります。

ハイリスク商品にばかり手を出していてはリスクも高く、資産は一向に増えづらいのが現状です。

「負けない投資」と同じく「守りつつ増やす」を意識してローリスク商品から着手していけば自ずと少しずつ資産が増えるということになります。

徹底的なリスク管理が資産運用のコツ!?

以上が3つのポイントでしたが、やはりキーポイントはリスク管理ということですね。

資産運用を始めるなら、この3つの考え方はしっかり守っておきましょう!

少し慣れてきた時にこそ「楽して生きていくための資産運用」という目的を見失わないように、振り返っていけるといいですね。

 

   

ASSIST【アシスト】からのお知らせ

あなたへもっとASSISTを!

取材の裏話や得する情報を配信中!
友だち登録よろしくお願いします!