「何ものかになりたい人たちの背中を押したい」ASSIST編集長の想い


 

「一緒にメディア作らない?」

仲の良い友人からの一言で、
今このASSISTでものを書くという、新たな自分のストーリが始まりました。

ブロガーであり、スタートアップでコンプレックス系のメディアの立ち上げを経験し、
メディア運営やライティングというものは、私にとっては身近なもの。

「やる!」

行動の判断基準はいつだって直感。
この人とこの人の仲間たちと一緒に面白いことをやりたい。理由はただそれだけでした。

「どんなメディアにしようか?」

その場で駒を次に進めたのを覚えています。

真面目な学生アスリートから一変、レールを外れて生きてみた。

福岡県の大牟田市出身。ダンスとエアロビクスに小学2年生で目覚め、
早稲田大学商学部に入学と同時に上京。

経営コースのゼミに入ると同時に社会科の教職課程を履修しながら、エアロビックの選手兼コーチとして活動し、

文字通り真面目な学生アスリート生活を送ってました。
いまや当メディアの恋愛カテゴリを担当していますが、この頃は恋愛はほぼ皆無でまじでモテない暗黒時代を過ごす。まさに恋愛黒歴史。

エアロビックで世界大会まで出場し、
大学の友達と結成したエアロビクスユニットが全国大会5位入賞。コーチ業を学びながら十分に楽しむ日々。
この頃ブログに出会い、情報発信の楽しさと可能性を感じていました。

しかしいざ就職という時、ひとつの疑問が頭をよぎります。

「どうして好きなことをして生きていったらいけないの?」

安定した会社に入って、安定したお給料をもらう。
これが全ての成功であり善だと教育されてきた私は激しく迷い、自問自答を繰り返していました。

その結果出した答えは「新卒フリーランス」
就職しないという選択をして自分らしい生き方を追求することに。

トレーニングやエアロビクス・ダンスの指導を中心に活動していくことになりました。

いわゆるレールを外れた人生への大きな方向転換、
ちなみにこの決意を書いた記事が炎上騒ぎになり、グノシーに掲載され記事を読まれたくなかった両親にバレるというオチ付きです。

仕事でも恋愛でも弱みを見せられない不器用な自分

独立直後は運動指導者としての勉強と現場での指導、そしてスタートアップのインターンを両立。
目の前のものをひたすら吸収する日々でした。

しかし運動指導のノウハウやビジネスを身をもって学んだものの、
自分が実践し、続けるには常にマインドブロックがかかります。

自信のない自分がいつもどこかにいて、
一歩踏み出しても歩き続けるほどのモチベーションも湧かない。
メディアでは強がった発言をしているけど、批判だってやっぱり怖い。周りと違う生き方をしている自分が嫌になることも多々ありました。

自分が何をしたらいいのか、何ものになりたいのか、さっぱりわからなくなります。

さらには人に弱みを見せることが大の苦手。
笑顔で人前に立つ仕事をしている反面、悩みや不安も誰にも相談できず、相談しようともせずに塞ぎ込む日々が続きます。

共同で行っていた事業の契約を突然切られたり、不当な扱いをされることも多々。
フリーランスとしての仕事の厳しさと、自分の価値を見出せなくて滅入っていました。

さらに、恋愛では大好きだった人に「女性として魅力がない」と言われて振られる始末。
その通りすぎて怒る気にもなれなかった笑。

トレーナー・インストラクターとしても未熟、事業主としても未熟、人としてはもっと未熟。

勢いよく独立したものの、自分がどうあるべきかを常に模索していました。

「自信なんてものはそもそも存在しない」一変させられた一言

そんな気持ちを一気に突き抜けさせる言葉に出会いました。

「自信がないって言ってるけど、自信なんてものはそもそも存在しない。ただの概念をまとめた言語でしかないんだよ」

今まで何と比較して「自信がない」と言って行動しきれなかったのか。
可能性を閉ざしていたのも、限界値を決めていたのもいつだって自分でしかなかったことに気づきます。

仕事も恋愛ももっと楽しめたはずなのに、楽しめなかった原因はすべて
自分の心の中にありました。

たった一言でしたが、鎖がほどけたように何も怖いものがなくなりました。
今の私ならなんだってできると思っています。
なりたい自分になれるし、仕事も恋愛もプライベートも自分のやりたいようにやれると信じています。

背中を押したい。未知の可能性を楽しんでほしい。

私はフィットネスを通して人生が楽しくなる人たちを増やすお仕事をしています。
ですがそのフィットネスもまた、人生を楽しくさせるためのツールでしかありません。

フィットネスの枠を越えて私は、
何ものかになりたい人たちの人生が楽しくなるように、背中を強く押していきます。

このASSISTにはそんな想いを込めました。

見てくださる方々も掲載される方も、メディアの運営に関わっている方たちも、
すべての人たちの人生が楽しくなるように、リアルな情報を発信していきます。

いつも道に迷っていた自分が背中を押されて変わったように、
今度は私たちが背中を押していきます。

これからのASSIST、
そして編集長aikaをどうぞよろしくお願い致します。

   

ASSIST【アシスト】からのお知らせ

あなたへもっとASSISTを!

取材の裏話や得する情報を配信中!
友だち登録よろしくお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

鳥巣愛佳/とりっすー

ASSIST編集長。早稲田大学商学部卒、競技エアロビックはじめダンス歴17年の経験を生かし4~90歳の運動指導に従事。女性のためのヘルシービューティをプロデュース。 2014年インターナショナルエアロビックチャンピオンシップ日本代表。 2015年学生エアロビック選手権優勝。 フィットネスウエアブランド「CLAP」ライダー。 複数のウェブメディアを立ち上げ13億円のメディア売却事業にも携わる。