【女の浮気の見分け方】あなたの彼女は大丈夫?浮気のサインと仲直りのポイント


「男は浮気をする生き物だ」という言葉はみなさん聞いたことはあるでしょう。

しかしながら、女性も浮気をする生き物に変わりはありません。

女性が浮気をするのはなぜ?

男性は遺伝子を一つでも多く残すために、色んな場所で生殖活動をするように能力が備わっています。
だから男は浮気をする生き物だと言われるのですね。

しかしながら女性にも、浮気をする能力は備わっています。

女性もまた、いい遺伝子をできるだけ多く産みたいという生物としての欲があるのです。

その「いい遺伝子」というのは生物学的には「強い遺伝子」ということになります。強い遺伝子とは環境適応能力が高いということ。
つまり同じような遺伝子を残すより、違う人との遺伝子を残した方が生命維持のためには都合がいいのです。

離れた地域の人とできた子供は、遺伝子的に強いと言われるのも、そういうことなのですね。

一人の男性との子供を複数人作るより、違う男性との子供を作った方が、生物学的に強い遺伝子が生まれる可能性が高いです。
そのため、女性も浮気をする気質はあるということです。

女性の浮気はどのような時にわかるのでしょうか。

女の浮気の見分け方①スマホをいじる頻度が高くなる

いつもよりもスマホを触るタイミングが増えたら、何かのサインかもしれません。

リアルタイムで繋がれる相手がいることは、把握しておいた方がいいかもしれません。
また連絡がきた時も、相手に悟られないようにするため手元に置いておきたくなります。

今までは食事の機会でスマホを置いて行ったのに、急に持ち歩いていたりしたら注意が必要です。

女の浮気の見分け方②甘える機会が減ってきた

女性は自立していても好きな人の前では、安心感や信頼から甘えが出るのが女性です。

彼氏として彼女の何かを埋められていた存在になっていたにも関らわず、その埋めてくれる相手が他にもいたとしたら、一人に対する甘えの量は変わってきます。
自立していく彼女も大事にしたいですが、他の男性の影も否定はできないです。

女の浮気の見分け方③予定を合わせにくくなった

今まではすぐに合わせることができた予定も、会う相手が増えれば合いにくくなるのは当然ですよね。

「忙しい」というのはすでに優先順位が下位になっている証拠。
仕事や友情よりも優先順位が下になってしまうと、今までの関係性は保てないかもしれないです。

女に浮気をされても仲直りするには?

とはいえ、たった一度浮気されただけで関係性を終わりにするのも悲しいですよね。
感情に任せず、冷静に話し合うことが必要です。

女に浮気をされても仲直りするためのポイント①人間の本能を理解する

冒頭にあったように男女の生物としての本能を理解することは、お互いを許すための必要な知識でしょう。

浮気の性は本能であるものの、人間だからこそコントロールして欲しかったものですよね。

まずはそういう生き物なのだということを理解することから始まります。

女に浮気をされても仲直りするためのポイント②お互いに足りないものを見つける

その時その時で必要な愛情をもらっていれば、浮気することは少ないでしょう。

浮気をしてしまうのにはお互いに原因があります。

性欲なのか、心の不安なのか、何かが足りなくて起きてしまった事実に向き合いましょう。

女に浮気をされても仲直りするためのポイント③「次バレたら許さない」と約束をする

結婚をして浮気や不倫が完全タブーになってしまった時代は、ここ近年の話です。
それ以前は結婚や恋愛というのは、もっと自由にできていました。

制度では人間の本能は変えることはできません。

そのため「浮気はするもの」とお互いが認め、
バレていなければしていない事実と同じとすることがベストでしょう。

ただし、
お互いに付き合っている・結婚しているという約束がある限り、隠し通す努力は全力で必要です。

浮気の見分け方は簡単、関係を保つ方のは難しい。

浮気の見分け方はとても簡単ですし、同じ時間を過ごしていたからこそ働く勘もあるでしょう。

しかしながら一度、失った信頼を取り戻すのは困難です。
冷静に、相手の気持ちを第一に汲み取っていい関係が続くことを願っています。

   

ASSIST【アシスト】からのお知らせ

あなたへもっとASSISTを!

取材の裏話や得する情報を配信中!
友だち登録よろしくお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

鳥巣愛佳/とりっすー

ASSIST編集長。早稲田大学商学部卒、競技エアロビックはじめダンス歴17年の経験を生かし4~90歳の運動指導に従事。女性のためのヘルシービューティをプロデュース。 2014年インターナショナルエアロビックチャンピオンシップ日本代表。 2015年学生エアロビック選手権優勝。 フィットネスウエアブランド「CLAP」ライダー。 複数のウェブメディアを立ち上げ13億円のメディア売却事業にも携わる。