メンヘラ女子はかわいい?可愛いメンヘラで男心を掴むモテテクニック


メンヘラ女子は意外にモテる?!

モテたい女子のみなさん、もしそれが本当ならばメンヘラ女子から学ぶものがあるのかもしれません。

今回は、かわいいメンヘラで男心を掴むモテテクニックを紹介していきます。

メンヘラ女子がかわいいと思われる3つの理由

メンヘラ女子(メンタル状態が著しくなく病院にかかるレベルだと揶揄される)と言えばマイナスなイメージの方が大きいですよね。
しかしながらメンヘラ女子が好きな男性は、一定層います。

男性がメンヘラ女子をかわいいと思う瞬間はどんな時なのでしょうか?

男性がメンヘラ女子をかわいいと思う瞬間①甘え上手な時

メンヘラなのは確かに面倒だし悩ましいけど、それでもかわいいと思われるのは「甘え上手」だからです。

男性はプライドの高い生き物というのはみなさんご存知でしょう。

そのため常に強い女性では、男としてのプライドが尊重されずに好かれにくい傾向にあります。
対して甘え上手な女性は、プライドを上手く尊重してあげられているのです。甘えは最強。

男性がメンヘラ女子をかわいいと思う瞬間②守ってあげたい感がある

男性のプライドを上手く尊重できて「守ってあげたい」と思わせる女子はかわいいです。

メンヘラ女子は特に、相手に弱みを見せることができるため、
男性のそういったスイッチに火をつけることができます。

多少、気性が激しかったりしても、全部包み込みたくなるような愛情が沸いて、かわいいと思わせられるのですね。

男性がメンヘラ女子をかわいいと思う瞬間③自分だけが彼女のことを理解していると思う時

メンヘラだけど、それは自分だけにしか見せない姿だから大事にしたい。
というような一種の依存の関係です。

彼女のことは自分が一番理解していると思っているからこそ、そんな自分にしか見せない表情や感情は全部かわいいと思ってしまうのですね。

かわいいメンヘラは正義?メンヘラは男性の心を掴むモテテクニック

以上のことから男性は「プライドを立ててもらえるかどうか」がポイントとなって、メンヘラ女子をかわいいと思っているのですね。
闇が深いメンヘラはお互いに大変ですが、ほどよいメンヘラは男性ウケします。

かわいいメンヘラで男性の心をぐっと掴むモテテクニックを紹介していきましょう。

かわいいと思われるメンヘラ①彼の言葉で元気になる素直さ

メンヘラは定期的にネガティブの波がきますが、彼氏や好きな人の言葉でそのネガティブから素直に脱却しましょう。

落ち込んでいる時、彼氏の励ましの言葉にも背いたままでは、疲れて幻滅されてしまいます。
しかしながら彼氏の言葉ひとつで元気になる素直さは愛嬌です。ネガティブだけど素直なのはモテポイントですね。

かわいいと思われるメンヘラ②激しい束縛をしない

「男性は浮気をする生き物」と言われるのはまさにその通りで、ひとりの女性だけと関係を持つのは、生物学上困難なのです。

そのため束縛することは、彼を生物として否定してしまうようなこと。
浮気に関しては「やってもいいけどバレたら許さない」のスタンスがお互いノンストレスです。

「他の女性と2人でご飯行かないで」と言うくらいならかわいいでしょう。

他の女子のラインアカウントを消させる・SNSの投稿も禁止・飲み会に行くのも禁止・毎日電話しろ…

というような束縛は、彼の日常生活にすら支障が出るレベルなので、要注意です。

かわいいと思われるメンヘラ③ネガティブだけど解決法を提示してくれる

ネガティブから永遠に脱却をしないメンヘラは、相手を困らせてしまいます。男女関係でなくても、友人関係でもそうですよね。

男性と女性の脳の作りは異なっているため、女性が考えていることを男性も同じように考えているケースはほぼありません。
そのため女性は、自分の気持ちを理解してもらう努力は必要です。

例えば相手に「寂しい」という言葉を伝えるだけでは
男性はどうしたらいいのか理解できません。

「寂しい」のあとに、なぜ寂しかったのか、どうして欲しかったのかをロジカルに伝えましょう。

「会えると思っていたのに会えなかったから寂しい、一緒にいる時間が幸せだから今日は一緒にいて欲しかった」と丁寧に言葉を伝えます。

女性の感情は簡単にはわかってもらえません。
だからこそ、理解してもらうような努力ができるメンヘラはかわいいと思われるのです。

素直で自由、ロジカルなメンヘラはかわいい!

一見ネガティブな印象のメンヘラですが
素直さと自由、ロジカルなメンヘラはかわいいです。

もはやメンヘラでない気もしますが、
女子特有の気性の乱れやメンタルの落ち込みをうまくコントロールして、理想の男性をゲットしてくださいね。

メンヘラ女子との付き合い方はこちら

   

ASSIST【アシスト】からのお知らせ

あなたへもっとASSISTを!

取材の裏話や得する情報を配信中!
友だち登録よろしくお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

鳥巣愛佳/とりっすー

ASSIST編集長。早稲田大学商学部卒、競技エアロビックはじめダンス歴17年の経験を生かし4~90歳の運動指導に従事。女性のためのヘルシービューティをプロデュース。 2014年インターナショナルエアロビックチャンピオンシップ日本代表。 2015年学生エアロビック選手権優勝。 フィットネスウエアブランド「CLAP」ライダー。 複数のウェブメディアを立ち上げ13億円のメディア売却事業にも携わる。