今すぐ実践!モテないと嘆く前に習得したい7つのモテテクニック【男性編】


モテないと嘆く男性のみなさん、必見です。

今日でそんなモテない毎日に、別れを告げましょう。

あなたがモテない理由はこれだ!

人それぞれモテないポイントはあるのでしょうが、ここは女性の意見を参考にします。
どれか一つにでも当てはまっていれば、そこを直していけばいいのです。

女性が嫌がる男性の10の特徴

・清潔感がない
・ネガティブ
・極端に太っている
・男尊女卑の傾向がある
・怒りっぽい
・嘘つき
・マザコン
・ナルシスト
・人の話を聞かない
・優柔不断

いかがでしたか?
「ありのままの自分を受け入れてほしい」と多くの方が思うでしょうが、恋愛市場においては別です。

とりあえず土俵に乗らないことには、理想の女性たちにモテることはありません。
逆にモテる男性はこれらをすべてクリアしています。

 

ここからは「ビジュアル・性格・コミュニケーション」の3つの視点でモテテクニックを紹介していきます。

モテない男性がいますぐやるべきモテテクニック【ビジュアル編】

モテない男性のためのテクニック①ビジュアルは清潔感が命

髪の毛やヒゲはいつも整えいて、服によごれやシワはありませんか?体臭は気にしていますか?肌のお手入れはしていますか?歯は丁寧に磨いてますか?

モテると言うと、どんなおしゃれな服を着ればいいのかと思うでしょうが、

「清潔感」がすべてです。

モテたり恋愛するという行為は、その先に性行為を視野に入れての行為です。

よくキスできるかできないかがポイントと言いますが、まさにその通り。
性行為が想像できない相手はモテにも恋愛にも発展しません。

性行為してもいいかなと思う第一の条件は「清潔かどうか」

まずは身なりを清潔にしていきましょう。

モテない男性のためのテクニック②筋トレをしてたくましい体に

身長の高さや太っている・太っていないの問題以前に、それを解消する努力はしているでしょうか?

背が小さくても、筋肉があればたくましく見えます。太っていても筋トレをすれば引き締まった体になります。
痩せていても筋トレをすればかっこいい体になります。

さあ、いますぐ筋トレに励みましょう。

まずは1日1回の腕立て伏せから。
プロテインも飲んでくださいね。

モテない男性がいますぐやるべきモテテクニック【性格編】

モテない男性のためのテクニック③自分はモテると思い込む

人間はイメージできないことは実現できません。
イメージできるから行動し、結果を残せるのです。

「モテない」と言っていては一生モテません。根拠なんて何もいりません、思い込むのは誰でもできます!

まずは「自分はモテる」と思い込んでください。

朝鏡を見て、声に出してみてもいいでしょう。
すべてはマインドからです。

モテない男性のためのテクニック④決断はいざぎよく

女性は、女性になくて男性にあるものに惹かれます。

テストステロンというホルモンが男性らしさには関係していますが、そのテストステロンの効果は「決断スピード」に比例するのです。

男らしく仕事ができる人は、優柔不断でなく決断がスピーディな人ですよね。
デートプランや食事も迷わずに、スピーディな対応を心がけましょう。

そういった男らしさに女性は惹かれます。

中にはゆっくり考えたい女性もいるので、バランスも考えてくださいね。

モテない男性のためのテクニック⑤他の男性と同じ手法を使わない

素敵な女性を口説きたいとき、あなたはどういった行動をとっているでしょうか?

特にモテる女性はすでに褒めら慣れているので、他の男性と同じ手法を使っていても心を掴むのは困難です。
ふいを突かれた面白さや、愛情のある厳しさや優しさで勝負しましょう。

 

モテない男性がいますぐやるべきモテテクニック【コミュニケーション編】

モテない男性のためのテクニック⑥聞き上手になる

女性を見ていたらわかると思うのですが、おしゃべり好きな女性は多いですよね。

女性は常に共感・共有していたい生き物なので、聞き上手であることはモテます。

興味を持って、しっかり話を引き出してあげましょう。

モテない男性のためのテクニック⑦トークは面白いに越したことはない

聞き上手であり、話上手はコミュニケーションの肝ですよね。

話は面白いに越したことはありません。

「この人といると楽しい」という感情はドーパミンを放出させることができます。
ドーパミンは恋心を抱いた時にも放出されるので、身体状況としては恋に落ちた時と似たような感覚なのです。

トーク力を磨いて、楽しませて、恋に落とさせてくださいね。

モテない男性もいくらでもモテるようになる!

女という生き物は面倒で、デリケードな生き物です。

本能的にこどもを守るための母性が備わっているから、愛情が枯渇しているという不安には丁寧に対処していかなければなりません。

愛情を持って接し、テクニックを磨いてモテまくる人生を送ってくださいね。

   

ASSIST【アシスト】からのお知らせ

あなたへもっとASSISTを!

ASSISTの公式LINEでは、記事に書いていない取材の裏話や小話なども見ることできます。ぜひ、友だち登録をよろしくお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

鳥巣愛佳

ASSIST編集長。早稲田大学商学部卒、競技エアロビックはじめダンス歴17年の経験を生かし4~90歳の運動指導に従事。女性のためのヘルシービューティをプロデュース。 2014年インターナショナルエアロビックチャンピオンシップ日本代表。 2015年学生エアロビック選手権優勝。 フィットネスウエアブランド「CLAP」ライダー。 複数のウェブメディアを立ち上げ13億円のメディア売却事業にも携わる。