楽しいを仕事に。神田にある居酒屋「鳥牛」三好貴浩店長の想い


何気なく通う飲食店。

お店の雰囲気が好きで、
ついつい誰かに教えたくなったり、友人とのお決まりのお店になっていたり…

そんなお店ってありませんか?

今回はそんな空間を作り出している、オープンしてまだ1年未満、神田駅徒歩1分の居酒屋「鳥牛」の店長の想いにフォーカスしました!

飲食の立ち上げから運営に至るまでの総責任者である、三好貴浩店長の想いをお伝えします。

「鳥牛」立ち上げ。長年の飲食業経験を武器に

これまでに飲食店の立ち上げに多く携わって来られた三好さんですが、店長として挑む立ち上げは初めてとのこと。
今まで培ったノウハウを、このお店に詰め込んだと話して下さいました。

「純粋にお酒を飲むのが好きなんですよね。お客様の反応をその場で感じられることを幸せに感じます。」

そう語って下さった三好さんは、中学を卒業した次の日から飲食店でアルバイトをして以来ずっと、飲食の仕事をされているそうです。
一般的に飲食の仕事は大変というイメージが強い中、飲食店を続けられる秘訣を聞いてみました。

 

お客様を楽しませる上で最も大切にしていること

飲食を続けく上での秘訣それは、「自分が一番楽しむこと」。取材の最中もユーモアたっぷりに楽しませて下さった三好さんですが、働く上でで大切にしていることは自分が一番楽しむことだそうです。

「ふざけるまでいかないギリギリの空気感を大切にしてます。飲食店は楽しい場でないとダメだと思っているので。
20代は特に、なんでも楽しいと思い込んで続けることがポイントかもしれません。その先にまた違った景色が見えてきますからね。」

そう話してくださっま三好さんも一時期は仕事が楽しいと思えない時期があったそうです。
その時三好さんがしたことは、働く中に楽しみを見つけることでした。それをし続けた結果、自分が一番楽しむことがお客様を楽しませることに繋がると気付いたそうです。

どうしても仕事をしていると、楽しむことを忘れてしまう時ってありますよね。
自分が一番楽しむのは簡単なようで難しいことかもしれません。
純粋でまっすぐな思いを語る三好さんの目はとても輝いていて、明るいお店の雰囲気や活気そのものでした。

メニューの数はなんと100品!

 

鳥牛のメニューは鳥と牛の味を引き出すものを中心とした、
まさにお母さんやおばあちゃんの家庭の味を思い出すようなシンプルなものを提供しています。

野菜嫌いな店長でも、野菜を美味しく食べれるように細部まで工夫をしたり。
野菜以外の全てのメニューにも一つ一つ工夫がされていて、小さくてもこだわりがあるそうです。

そんなこだわり抜いたメニュー数はなんと100品。
選ぶのに、ちょっと苦労してしまいそうですね!

飲み放題は破格の2時間980円!

 

お客様を楽しませることにコミットしている鳥牛ですが、もう一つ目玉がありました。

なんと、飲み放題980円!

この価格でいいの?と心配になってしまいますが、980円です!そして、ドリンクメニューがとてもかわいい!♡

店長やスタッフの方と一緒に楽しみつつ、こだわり抜いた美味しい食事にリーズナブルな飲み放題。

ぜひ、神田に立ち寄った際は 鳥牛の楽しい空間をぜひ楽しんでみるのはいかがでしょうか?

「鳥牛」

営業時間:ランチタイム
[月〜金]11:30〜14:00(13:30L.O)
・店内利用の方はアイスコーヒー無料!
・お弁当テイクアウト可!

居酒屋タイム
[月]15:00〜24:00(23:30L.O)
[火〜土]15:00〜翌5:00(4:00L.O)
[日祝]17:00〜24:00(23:30L.O)
・ハッピーアワー☆生ビールなど1杯100円!19:00まで
日曜営業

予約問い合わせ:03-6260-8844

住所:東京都千代田区内神田3-18-3 ホワイト駅前ビル B1階

   

ASSIST【アシスト】からのお知らせ

あなたへもっとASSISTを!

取材の裏話や得する情報を配信中!
友だち登録よろしくお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

まほやん

新卒で入社した会社を15日で辞めてミスユニバースに出場を決意。 2017ミスユニバース埼玉のファイナリストとして選ばれる。 後に外資の会社にヘッドハンティングされ金融知識をつけていき今では女性の自立を人生のテーマに、保険の総合代理店でFPコンサルタントとして活躍している。