年収1000万でイケメンで優しい。そんな男と結婚したいなんてどの口が言ってるんだ


年収1000万で〜
顔はそこそこイケメンで〜
性格は優しくて〜

そんな男性との出会いに憧れている全女子に告げたい。

「あなたの武器は何ですか?」

年収1000万以上、30代前半未婚男性の人口は?

まずは相手のマーケットを知っていきましょう。

日本の世帯年収の平均は420万円です(2016年転職サイト調べ)
ここを基準に年収1000万以上の男性は1.6%となっています。

https://doda.jp/guide/heikin/age/

ここで30代男性の未婚率を調べてみましょう。

http://www.garbagenews.net/archives/1792910.html

30~34歳の未婚男性は47.1%です。

1.6%(年収1000万以上)×47.1%(未婚率)=0.75%
つまり7.5/1000人が年収1000万以上、未婚男性ということになります。

女性で1000人に7.5人はどんな女性か?

では0.75%しかいない男性とマッチングできるのは、どのような女性でしょうか?

単純に考えると
似たような価値観・地位・金銭感覚であることはマッチングの確率を上げてくれますよね。
女性も1000人中7.5人に入るスペックであることが重要になってきます。

1000人に7.5人となれば、約150人に1人の計算です。

学年でトップクラスで可愛いくて賢い女の子のイメージでしょうか。
会社でいうなら社内でトップクラス。

結構な美女ですね…

ここでなぜ美女に限定されるか考えていきましょう。

なぜ高収入な男性は美女を求めるのか

収入の高い人ほど美女を求む傾向が多いにあるからです。その理由は2つあります。
ひとつは男性の欲の対象、ふたつめは欲の大きさの話です。

なぜ高収入な男性は美女を求めるのか①所有欲

 

所有欲は、できるだけ良いものを持って他者にアピールしたいというような欲です。
小学生くらいの男の子が、できるだけいいカードを集めて周りに自慢したくなるような構図に似ていますね。

できるだけいいものを女性で言うなら、美女でしょう。

もちろん顔だけじゃないという紳士な方もいますが、
ほとんどの男性は、みんな女性が同じ性格だったら美しい方を選ぶでしょう。

もちろん女性が男性を選ぶ場合も同じです。

なぜ高収入な男性は美女を求めるのか②性欲が強い人ほど出世する

性欲の強さと収入は比例します。

男性ホルモンと呼ばれる「テストステロン」は性欲を促し、競争意識や論理的思考に作用するものです。

つまり仕事ができて収入も多い人はテストステロン値が高く、性欲も強い。
ましてお金に余裕のある人は人生の選択肢が多いため、幅広い女性を選択肢にいれることができるのです。

収入が高い→性欲も強い→求めるレベルが高い→美女を選ぶという流れがここに完成します。

年収1000万の未婚男性に出会う最短距離は「美女」であること

以上のように、年収1000万以上の未婚男性に出会う最短距離は「美女」であることがわかりました。

さぞかし多くの女性は落胆したことでしょう。

しかし美女でなくても、そのような男性に巡り会える方法はあります。
「自分の武器を磨き、美を探求すること」です。

自分の武器を磨き美の追求をする女性は確実にモテる

特に美人でなくても、モテる女性には共通点があります。

それは自分の強みを知って磨き続けていて、それでいて美しさを追求していることです。

今一度自分の武器に目を向けて下さい。
美貌なのか、体なのか、仕事なのか、素直で気がきく性格なのか、手料理や趣味なのか…
自分の武器を磨き続けている人は人として魅力的ですよね。

美しさの追求は、常に内面や外見で高みを目指すこと。男性が若い女性を好むのは健康的でいい遺伝子が残せそうだからです。
追求をやめた瞬間、女性は老いと共に美が薄れていく現実。自己投資ができるのは心の余裕の現れです。

年収1000万以上の未婚男性と出会いたい女性の皆さん、
どうぞ安心して自分の武器を磨き、美を追求していってくださいね。

   

ASSIST【アシスト】からのお知らせ

あなたへもっとASSISTを!

ASSISTの公式LINEでは、記事に書いていない取材の裏話や小話なども見ることできます。ぜひ、友だち登録をよろしくお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

aika

ASSIST編集長。早稲田大学商学部卒、競技エアロビックはじめダンス歴17年の経験を生かし4~90歳の運動指導に従事。女性のためのヘルシービューティをプロデュース。 2014年インターナショナルエアロビックチャンピオンシップ日本代表。 2015年学生エアロビック選手権優勝。 フィットネスウエアブランド「CLAP」ライダー。 複数のウェブメディアを立ち上げ13億円のメディア売却事業にも携わる。