原宿に日本初上陸!全米でブームの新感覚バイクエクササイズ「GROOVE ZONE」を体験してきました!


自分好みのスポーツウエアを身にまとい、好きな音楽を聞きながら街に繰り出す。
自分にフィットしたスニーカーのおかげで、足取りは軽い。

久々のオフ。
買い物もデートもいいけど、今日はフィットネスジムに行くんだ😊

そんなカリフォルニアガールのようなライフスタイルに憧れたことは、どの女の子にだってあるだろう。

今回はまさにそのようなライフスタイルを実現しようとする、株式会社TSIグルーヴアンドスポーツが運営する
新感覚バイクエクササイズ「GROOVE ZONE」を紹介致します。

フィットネストレーナーでもあるASSIST編集長のaikaが、体験取材に行って参りました。

全米で大ブーム!新感覚バイクエクササイズ「GROOVE ZONE」を体験!

流行の起点、きらびやかなファッションが彩る原宿の竹下通りを抜けた左手に、閑静なビルがそびえ立ちます。
中を見ると派手なGOLD’S GYMの看板。

数々のトレーニングマシーンに、ストイックにトレーニングに励む会員の方々。さすがにファッションの最先端である原宿となると雰囲気は別格です。
その地下の一角に「GROOVE ZONE」はありました。

GOLD’S GYM原宿東京ANNEX内にて

「GROOVE ZONE」の部屋の中に入るとさらなる異空間へ。ライトで演出された部屋はまさにライブの開始前を彷彿させます。

専用のシューズ(無料レンタル)は先をペダルにはめ込む形式になっていました。
安定してバイクを漕げるので、転倒の心配もありません。

サドルの高さを整え準備完了です。
インストラクターさんも調整を手伝って下さり、初心者でも安心でした。

 

レッスン開始!ビギナーコリオクラスを受講!

ビギナークラスということもあり、レッスン序盤は動きやバイクの使い方の説明をして下さいました。

バイクを漕ぐ動作はもちろん、腰の高さを変えたり上半身を使ったりとバリエーションも豊富です。
バイクに乗ったままだと運動の種類は限られそうに思っていましたが、そんなことはありません。

例えば立ち漕ぎで腰を回したり、上半身をウェーブさせたり…
さすが世界で活躍されるダンサーの方が監修されているだけあって、バイクの利点を生かしながらの多様な動きはとても新鮮でした。

とってもキュートでクールなインストラクターさんも盛り上げて下さいます。


流行りの音楽に合わせ、照明も臨場感抜群!
汗もじわじわと出てきて、あっと言う間の45分間でした。

爽快!ありがとうございました!

NYの「ATHLEISURE」の文化を日本へ。GROOVE ZONEの始まり

レッスン体験後は、株式会社TSIグルーヴアンドスポーツの新規事業担当チーフの廣島さん、
インストラクターのAYAMEさんにお話をお伺いしました。

「もともと弊社はゴルフのアパレル事業がメインの会社なのです。ゴルフ市場が衰退する中、弊社のブランドは右肩上がりのものもあります。おしゃれにスポーツを楽しみたい層は日本にもきちんと存在するのです。」

なんとGROOVE ZONEのきっかけはアパレル事業。
素敵なウエアが存在するも、それを着ていく場所がないというのがきっかけでフィットネス事業に乗り出したそう。
そこには廣島さんがアメリカで影響を受けた「ATHLEISURE(アスリージャー)」という文化も大きく関係していました。

「NYには【ATHLEISURE】と呼ばれる文化があって、スポーツウエアをレジャー時にも着ていくスタイル大流行しているんです。スポーツウエアを着て出かけてそのままフィットネスを楽しんで、家に帰って、というようにライフスタイルにフィットネスがラフに入っている感じが素敵で。GROOVE ZONEはそんな居場所になれればと思って作りました。」

GROOVE ZONEに入るや否や、インストラクターさんのスタイリッシュなウエアに目がいったのを思い出しました。
なかなか「健康になりましょう」といっても、伝えたい人たちに伝わらないことがあります。
しかしファッション・ライフスタイルとしてのフィットネスならば、多くの人が魅力を感じるきっかけになると感じました。

創業者が語るGROONE ZONEの魅力とは?

左:インストラクターAYAMEさん 右:廣島さん

「バイクという手軽さとクールなイメージは魅力のひとつだと思います。例えばエアロビクスやダンスって出来ないから恥ずかしいという方って多いと思うのです。ですがバイクには気軽に乗っているだけでかっこいい。その空間は誰もがアスリートになれて、自分の世界に入れちゃいますね。
もちろん楽しいだけじゃなくて、体の負担も他の運動に比べると低いです。自転車はアスリートのリハビリにも応用してあることから、膝や腰の負担が軽減されるだけではなく、このインドアサイクリングによって精神疾患が治る患者さんもいらっしゃるんですよ。」

確かに、安全であることがフィットネスを続けていくのには不可欠で、その上に高揚感と運動効果もあるGROOVE ZONEのプログラムは機能的に思えました。
アメリカでこのインドアサイクリングの虜になった廣島さんの、おすすめの楽しみ方とはどのようなものでしょうか?

「私は特に、午前中にGROOVE ZONEのプログラムを行うのをおすすめします。交感神経が働いて、目が冷めますし一日中脂肪燃焼モードに体がなっています。毒素をしっかり出せますし、1日爽快ですよ。」

現在は土曜・日曜に午前中クラスを設けてあり、今後は平日午前クラス
を増やしていく予定だそう。
日本にフィットネス文化を創造させていくために、ライフスタイルにどのようにフィットネスを関与させていくかを今後も追求されていくと
廣島さんは語っていらっしゃいました。

 

【ASSIST読者層へ】20代に伝えたいメッセージ

そんな廣島さんにASSIST読者に向けたメッセージを頂きました。

「自分の健康や美容に関しての行動は若いうちからやるべきなんです。スポーツやフィットネスを習慣にして、健康にハッピーになって欲しいと思います。
学生時代に活躍していた人も、会社に入った瞬間に企業戦士として頑張ることと引き換えに、好きなことを諦める傾向があるじゃないですか。そうじゃなくって、大事に自分のための時間を作ることをして欲しいですね。正直、それがフィットネスじゃなくてもいいと思っています。仕事だけじゃないフィールドがあるといいですね。」

自らも仕事に没頭した時期もあったことから「好きなことをやってもいいんだ」と転機があったと語る、廣島さん。
想いの込められた最新フィットネス、2月28日まで500円で体験できるとのこと。

ぜひこの機会に体験してみてはいかがでしょうか。

レッスンスケジュール↓
https://www.groove-zone.jp/assets/pdf/schedule/schedule.pdf

500円クーポンチケットをGOLD’SGYM原宿ANNEXフロントで提示してください↓
https://www.groove-zone.jp/assets/img/news/feb_coupon.jpg

「GROOVE ZONE」情報

・営業時間:月〜土・祝日7:00~23:30 日曜9:00~20:00
・休館日:第2月曜日・夏期・年末年始
・電話(お申し込み・お問い合わせ):0120-705-870
・住所:東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディングB1F
GOLD’S GYM原宿東京ANNEX内
・アクセス:東京メトロ副都心線・千代田線「明治神宮前」5番出口より徒歩5分
・HP:https://www.groove-zone.jp/

   

ASSIST【アシスト】からのお知らせ

あなたへもっとASSISTを!

ASSISTの公式LINEでは、記事に書いていない取材の裏話や小話なども見ることできます。ぜひ、友だち登録をよろしくお願いします!